公開履歴
悩んでいる男性

尖圭コンジローマは性感染症の一つであり、性別に関係なく男性も女性もうつる可能性のある性病です。再発することも多く、一度この性病になってしまうと大変です。まずは原因や感染する経路を知って、うつらないように予防することが大切です。もしも尖圭コンジローマになってしまった場合のためにも、どのような症状があらわれるのかということや、どういった治療を行うことになるのか、という点も知っておくようにしてください。

尖圭コンジローマとは?

尖圭コンジローマは、低リスク型のヒトパピローマウイルスによって引き起こされる性病であり、このヒトパピローマウイルスに感染すると肛門性器にイボができるようになります。男性も女性も同じような症状が出るとされていますが、男女の身体のつくりには差がありますので、そういった点では違いがみられるでしょう。尖圭コンジローマであるかどうかを見極めるためには、どこに病状があらわれるのか、どのような病状が出るのかなど、身体にどのような変化が起こるのか、ということを知っておかなければなりません。

尖圭コンジローマによってできるイボの色は薄いピンク色か茶色です。形状はニワトリのトサカのように見えるカリフラワー状か、お椀を伏せたように見える形である乳頭状であることがほとんどです。このような色や形状のイボが身体にできるようになるのです。男性の場合は陰茎や亀頭、包皮の内側、陰嚢など、女性の場合は膣前庭や膣、大小陰唇や子宮頸部など、男女ともに性器のあらゆる部位に症状があらわれます。性別に関係なくあらわれる場所としては、肛門内や肛門周辺、尿道口があり、これらの場所にできることも多いです。

尖圭コンジローマは非常に再発しやすい病気だといえます。なぜなら、イボが増えると処置しなければならない場所が増えるので、治療そのものが大変になりますし、特別な手法でイボを取り除こうとしても、すべてのものを取り除くことは非常に困難だからです。基本的にはレーザー治療や液体窒素による凍結療法などを行って取り除くのですが、どのような方法であっても完全にすべてのものを処置することは難しいので、イボが増えてしまう前に自覚症状が出たらすぐに医療機関を受診することが大切です。

身体に薄いピンク色や茶色でカリフラワー状や乳頭状のイボがあらわれた場合は、一刻も早く病院に行って治療を行うようにしてください。尖圭コンジローマになってしまったとき、少しでも症状を良くするために大切なことは、早期発見からの迅速な治療です。他の性病と比較すると、目に見えて分かるイボができるわけですから、病気であることを自覚しやすいものです。自覚したらすぐに医療機関を受診してください。

尖圭コンジローマの原因と感染経路

性病の多くがそうであるように、尖圭コンジローマも性行為によって感染します。性行為を行うと必ず感染するというわけではありませんが、低リスク型ヒトパピローマウイルスを保有している人と、コンドームを使用せずにセックスを行ったり、オーラルセックスやアナルセックスを行ったりすると感染してしまう確率が高まるのです。特に女性がピルを服用している場合は、妊娠する可能性が低いからという理由で避妊具を使用せずに、女性器に男性器を挿入してしまうことが多いといえます。しかしながら、ピルを服用していてもコンドームを装着していなければ性病を防ぐことはできないので注意してください。

最近では、性風俗を利用することによって感染する男性も少なくありません。性風俗を利用すると、避妊なしで挿入するようなことはありませんが、オーラルセックスを行うことは非常に多いです。オーラルセックスを行うときにも避妊具を着用していれば感染するリスクを下げることができますが、何も装着せずに行ってしまうとうつってしまう可能性が高くなるでしょう。従事している女性は定期的に性病検査を受けているというお店も少なくありませんが、その検査の間に発症して利用客にうつしてしまう可能性もあります。そこで性病をもらってしまうと、パートナーとセックスをしたときにうつしてしまう可能性もあり、病気をうつしてしまうだけでなく、信頼関係が崩れるきっかけになってしまう可能性があるので注意してください。

尖圭コンジローマの原因である低リスク型ヒトパピローマウイルスは、性交渉を行うことによって皮膚や傷口の粘膜から感染します。特に性風俗を利用した際のオーラルセックスや、男性同士でアナルセックスを行ったことを原因としてうつるケースが非常に多いです。尖圭コンジローマなど性病を患っている人とは性行為を行わない、普段からコンドームを活用して性交渉を行う、などといった点に注意しておかなければならないでしょう。どういった経路でうつるかということを理解しておき、うつらないように予防に努めることが大切です。もしも感染した可能性がある場合は早く治し、パートナーにうつさないためにも医療機関を受診するようにしましょう。