• ホーム
  • カンジダ症の治療に使われるケトコナゾールとは

カンジダ症の治療に使われるケトコナゾールとは

2019年12月05日

カンジダ症は性行為がなくても感染することで知られている性病の一つです。カンジダの原因菌は、もともと腸管や女性の膣内に常在菌として存在していることが多く、存在しているだけでは悪い働きをすることはありません。しかしながら、ストレスや体調不良、ホルモンバランスの乱れなど、さまざまなことが原因となって常在菌が異常増殖してしまうこともあり、異常増殖してしまうとカンジダ症を発症します。糖尿病やステロイド剤の使用、男性の包茎などが原因となって感染することもあるので注意が必要です。

カンジダを発症した場合、男性の場合は亀頭のかゆみやただれ、尿道炎などが起こります。女性の場合は外陰部や膣にかゆみを覚えたり、ヨーグルト状のオリモノが増加したりするようになるので、自覚はしやすいといえます。女性の場合は排尿痛や性交痛も多く、男性と女性どちらの場合も自覚症状が出たらすぐに検査や治療を行う必要があるでしょう。

カンジダを解決するためには性病科を受診するか、男性であれば泌尿器科、女性であれば産婦人科を利用することができます。検査によってカンジダ症であると診断された場合は、治療薬を用いることで症状を改善していくことになるでしょう。治療薬は病院で処方してもらったり、個人輸入代行サービスを行っているネット通販で購入したりすることができます。

カンジダにはケトコナゾールという成分が効果的であり、ケトコナゾールを含む治療薬にはニゾラールという塗り薬が有名です。これは真菌の細胞膜合成を阻害して、病気の原因となる真菌の増殖を抑制するという効果があり、抗真菌作用を示します。カンジダ以外にも水虫の治療などに利用されることがあり、ニゾラールは菌が原因となって起こる病気に有効に働くことが多い薬です。副作用としては、接触皮膚炎や紅斑、使用部位への刺激などがあるので、利用する際には注意しておくことが必要です。もしも身体に異変が生じた場合は、ただちに使用を中断し、医師に相談するようにしてください。

カンジダはケトコナゾールという成分を含む抗真菌作用がある治療薬を用いることで、治療を進めることが可能です。病院で処方してもらう以外には、自分で個人輸入代行サービスを利用して、インターネットの通販で手に入れることもできます。どちらの方法をとっても良いですが、治療を長引かせないためにも、カンジダだとわかったらすぐに薬の利用を開始するようにしましょう。薬を使用する際は副作用に注意しておくことも忘れないでください。