• ホーム
  • ジスロマックはクラミジアの特効薬!

ジスロマックはクラミジアの特効薬!

2020年02月06日

クラミジアは日本国内で最も感染者数の多い性感染症です。患者数は40万人以上であると言われており、他の性病と比較するとその人数はとても多い、ということがわかります。多くの性病と同様に、コンドームを使用せずにセックスを行った場合や、オーラルセックスやアナルセックスを行ったときに感染してしまうことがほとんどです。感染者が多い分、うつる可能性も高いので、その症状や治療法についても知っておくことが大切です。

クラミジアに感染してから発症するまでは1週間から3週間ほどだと言われています。感染してもすぐに症状があらわれるわけではないので、クラミジアになったことに気がつかず、パートナーにうつしてしまう可能性も高い病気です。男性の場合は尿道に症状が出るという特徴があり、かゆみや不快感を覚えたり、排尿時に軽い痛みがあったりすることもあります。稀に尿道から透明や乳白色の膿が出ることもありますが、これらの症状はいずれも軽度なものであり、自覚を持てないことも多いことでしょう。

女性の場合は子宮に症状があらわれます。オリモノが増加したり、生理以外で不正出血が起こったりすることがありますが、男性と同様にこれらも症状を感じないことが多いです。下腹部の痛みや性交時に痛みを感じるケースもありますが、自覚するケースは少ないでしょう。しかしながら、感染したことに気がつかずに放置してしまうと、卵管炎などを引き起こしてしまいます。卵管炎になると卵管の機能の正常さを失ってしまうので、子宮外妊娠を起こしたり、卵管内の癒着から不妊が起こったりする可能性もあるのです。

クラミジアを治療するためには、ジスロマックという治療薬が用いられます。これはアジスロマイシンを主成分とした、マクロライド系抗生物質であり、アジスロマイシンの成分が病原細菌のタンパク合成を阻害することによって、抗菌的に作用するという効果が期待できるのです。ジスロマックは病院で処方してもらうことができますが、病院の処方だけではなく通販で購入することもできます。ただしドラッグストアでは市販されていないので、病院以外で手に入れるのであれば通販を利用するようにしましょう。

ジスロマックの飲み方はユニークで1日1回3日間服用すれば、効果が1週間続きます。飲み方も簡単なので、誰でも手軽に服用することができるでしょう。もしもクラミジアになってしまったという場合は、効果の高い治療薬であるジスロマックを利用してください。ジェネリック医薬品もあるので、費用を抑えたい場合はジェネリック医薬品の利用を検討しましょう。