• ホーム
  • トリコモナスなどに使われるフラジールの効果とは

トリコモナスなどに使われるフラジールの効果とは

2019年12月31日

性病の一つにはトリコモナスがありますが、このトリコモナスを治療するためにはフラジールという治療薬が用いられるケースが多くあります。病院で診察を受けてトリコモナスだと診断された場合は、これを処方してもらうことができますが、病院での処方以外の方法で入手する場合は、インターネット通販サイトを利用して個人輸入を行う必要があるでしょう。個人輸入を行う場合は、代行サービスを利用することになるので、自分で海外の販売元とやり取りする必要はなく、誰でも安心して手軽に購入することが可能です。

メトロニダゾールを含むフラジールという治療薬は抗菌薬として知られており、フラジールはヘリコバクター・ピロリ菌の治療を行うときにも用いられます。その際は、ヘリコバクター・ピロリ菌体内でメトロニダゾールがニトロソ化合物に変化し、DNAらせん構造の不安定化を招いて抗菌作用を示す、という仕組みで作用するのです。フラジールは性感染症であるトリコモナス以外にも役立つ、とても優れた治療薬だといえるでしょう。

どの薬にも副作用はありますが、フラジールにも副作用を起こす可能性があるので注意してください。軽度のものであれば発疹やかゆみ、下痢や嘔吐、上腹部の痛みや、便が黒くなることがあります。稀に重度の症状があらわれることもあり、そのときには末梢神経障害や中枢神経障害、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害などを引き起こすこともあるので注意しておきましょう。もしも、利用し始めてから身体に異変があった場合は、ただちに使用を中断するようにしてください。嘔吐など症状が軽度だからと使用し続けていると、大きな症状を引き起こす可能性もあるので、そうならないためにも即座に使用を中止し、医療機関を受診して医師と相談するようにしましょう。

フラジールはとても効果の高い抗菌薬として知られており、病院でもよく処方される医薬品の一つです。またネット通販を用いることで自分でも購入することができるため、手軽に利用することができる薬だといえるでしょう。しかしながら、服用方法を誤ったり副作用が出ても使用し続けたりすれば大変なことになる可能性もあります。効果がある薬であることに間違いはありませんが、利用する際には服用方法や副作用といったポイントに注意するようにしてください。用法容量を守って適切に利用することができれば、トリコモナスのような性感染症を治療することができるでしょう。